日露戦争特別展2 開戦から日本海海戦まで激闘500日の記録
日露戦争特別展のぺージへ
アジア歴史資料センター・トップページへ
Adobe Flash Playerのインストールはこちらから
当サイトをご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。 お持ちでない場合は、上のリンク先からダウンロードしてください。
 

ここからグローバルナビゲーションです

  • トップぺージ
  • 本特別展へようこそ
  • 資料解説
  • 日露戦争史
  • 日露戦争トピック
  • 用語集

ここから本文です

日露戦争史

  • 日露戦争はやわかり
  • 総合年表
  • 日露戦争地図
  • 陸上の戦い
  • 海上の戦い
  • 政治・外交

政治・外交 解説を読む

全てを表示 関連資料のみを表示
 
 

明治38(1905)年10月15日 講和条約批准

明治38(1905)年10月16日 講和条約公布

期間
明治38年(1905)年10月1日~11月25日
場所 東京
概要 日露講和条約が批准、公布されました。
 
 
 
 

解説

講和条約批准
講和条約公布
見出し

 日露講和条約調印後の明治38年(1905年)10月1日、桂太郎首相は同条約の批准に関する上奏を行います(関連資料1)。批准とは、条約の締結を国家が正式に承認することで、当時は枢密院による審議を経てこれを行いました。これにより、10月4日枢密院会議が明治天皇臨席の下に開かれます(関連資料2)。

▲日露講和条約批准書 表紙 (外務省外交史料館所蔵)
▲日露講和条約批准書  (外務省外交史料館所蔵)
▲日露講和条約批准書  最終ページ、ニコライ2世の署名(外務省外交史料館所蔵)

 その結果、講和条約は10月15日に批准され、翌16日に公布されました(関連資料3)。公布とは、条約の締結及びその内容について国民に広く知らせることで、このために条約の条文が官報に掲載されました(関連資料4)。

 こうして11月25日、ロシアとの間で批准書が交換されました(関連資料5)。

 
 
このぺージのトップへ
 
 

関連資料

講和条約批准,講和条約公布
関連資料1 日露講和条約批准に関する首相上奏文
関連資料2 枢密院会議開催
関連資料3 日露講和条約公布に関する御署名原本
関連資料4 日露講和条約公布をしらせる官報号外
関連資料5 日露講和条約批准書交換に関する小村寿太郎外相上奏文

関連資料(詳細)

関連資料1
レファレンスコード : A03033044400
件名 : 日露講和条約御批准ノ件

■資料解説

 

 桂太郎首相による日露講和条約批准に関する上奏文です。日付は明治38年(1905年)10月1日となっており、この時点での批准案の内容も確認することができます。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料2
レファレンスコード : A03033542500
件名 : 日露講和条約御批准ノ件

■資料解説

 

 明治38年(1905年)10月14日開催の枢密院会議筆記録です。この会議では、日露講和条約批准にならび戒厳解止の件が諮詢されことが確認できます。この資料は「日露戦争特別展」でも紹介しています。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料3
レファレンスコード : A03020614200
件名 : 御署名原本・明治三十八年・詔勅十月十六日・露国トノ講和ニ関スル件

■資料解説

 

 明治38年(1905年)10月16日発詔勅、日露講和条約の公布原本です。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料4
レファレンスコード : C06041152700
件名 : 官報号外 勅令「ポーツマス」講和条約公布

■資料解説

 

 明治38年(1905年)10月16日に発せられた日露講和条約公布に関する官報号外です。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料5
レファレンスコード : A01200227200
件名 : 日露両国間ニ締結シタル講和条約ノ御批准書交換ノ全権ヲ亜米利加合衆国駐箚特命全権公使高平小五郎ヘ御授与アラセラル

■資料解説

 

 明治38年(1905年)11月25日、日露両国間で講和条約批准書が交換されます。この資料は、批准書交換の任を負うことになる駐米特命全権公使高平小五郎への委任状下付に関する外相小村寿太郎による上奏文です。日付は、明治38年(1905年)10月24日と記されています。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
参考文献   大江志乃夫『世界史としての日露戦争』、立風書房、2001年
外務省編『日本外交年表並主要文書(上)』、原書房、1965年
古屋哲夫『日露戦争』、中央公論社、1966年
日比谷焼打事件に戻ります
 
 
このぺージのトップへ