日露戦争特別展2 開戦から日本海海戦まで激闘500日の記録
日露戦争特別展のぺージへ
アジア歴史資料センター・トップページへ
Adobe Flash Playerのインストールはこちらから
当サイトをご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。 お持ちでない場合は、上のリンク先からダウンロードしてください。
 

ここからグローバルナビゲーションです

  • トップぺージ
  • 本特別展へようこそ
  • 資料解説
  • 日露戦争史
  • 日露戦争トピック
  • 用語集

ここから本文です

本特別展へようこそ

はじめに

 本特別展は、「日露戦争特別展 ~公文書に見る日露戦争~」の公開以降に新たにアジア歴史資料センターのデータベースに加わった、陸軍・海軍の中で取り交わされた電報や戦闘記録を中心に、日露戦争の様子を様々な資料を通してご紹介していく、インターネット上の特別展です。
  「日本海海戦」や「奉天会戦」はどのように戦われたのか? 日露戦争当時、軍隊内部で、あるいは政府内部で、そして外交の舞台で、実際に用いられた公文書は、迫力をもって当時の様子を伝えてくれます。多くのユーザーの皆さんにこうした資料に接して頂ければと願い、この特別展を公開しました。

本特別展は、アジア歴史資料センター公開資料の中から、日露戦争に関連する資料をご紹介することを目的としたものであり、資料や出来事について、特定の解釈やイメージを提示しようとするものではありません。また、資料上にあらわれている表現は、当センターの考え方や姿勢を示すものではありません。

本特別展の狙い

 2004年2月、日露戦争開戦100周年にあたって、当センターでは「日露戦争特別展 ~公文書に見る日露戦争~」を公開しました。その目的は、多くの人々に、様々な公文書を通して日露戦争の様子を知って頂くことにありました。
 この後、当センターでは、日露戦争に関する様々な資料を新たに公開して参りました。中でも、防衛省防衛研究所図書館所蔵資料からは、海軍省公文備考類の「日露」「日露戦書」「明治37.8年海戦史」といった海軍関係資料が初めて加わることになりました。このうち「日露」には、「天気晴朗ナレ共波高シ」などの著名な電文も含まれており、戦闘の舞台の緊迫した様子をうかがうことができます。この他に、陸軍関係資料、外務省外交史料館所蔵の外交関係資料においても、日露戦争関係資料はその数を増やして参りました。
 これら新資料をご紹介することにより、特に様々な戦闘の詳細に様子に迫って頂くことが、今回の特別展の最大の狙いです。

コンテンツの内容について

 本特別展では以下のようなコンテンツを用意しています。年表や地図の上で興味関心のあるところをクリックしたり、あるいは全体の流れを文章で追ったりしながら、様々なかたちで日露戦争に関係する資料に接して頂くことができます。

資料解説

 「日露戦争史」や「日露戦争トピック」で取り上げる資料以外のものも含め、当センターで公開している資料の中から日露戦争に関係する様々な資料を取り上げてご紹介します。センターでどのような日露戦争関係資料を見ることができるのか、資料探しのガイドとしてご利用頂くことができます。


日露戦争史

 本特別展のメインコンテンツです。関連資料を交えながら、主な戦闘を中心として、日露戦争の経緯を追って頂くことができます。

(1) 日露戦争はやわかり

 日露戦争の開戦前夜から講和とその後に至るまでの流れを文章によって追いながら、それぞれの出来事についてのより詳しい解説と関係資料をご覧頂くことができます。

(2) 年表で見る日露戦争

 年表の各項目から、それぞれの出来事についての詳しい解説と関係資料をご覧頂くことができます。年表は、陸海の主な戦闘を整理した「陸上の戦闘」「海上の戦闘」、政治や外交上の主な動きを整理した「政治・外交」、これらをあわせた「総合年表」があります。

(3) 地図で見る日露戦争

 地図上に示された主な戦地から、それぞれの戦闘についての詳しい解説と関係資料をご覧頂くことができます。


日露戦争トピック

 「日露戦争史」では触れられなかった、日露戦争にまつわる様々なトピックについて、資料を交えてご紹介します。

アイコンの見方
■本コンテンツでは、次の2種類のアイコンを使用しています。
【解説】へのリンク クリックすると解説ページが開きます。
【資料】へのリンク クリックすると関連資料(当時の文書)が開きます。

サブタイトルについて

 サブタイトルの「開戦から日本海海戦まで 激闘500日の記録」は、戦闘を中心に日露戦争の経緯を追うという本特別展の特色を表したものです。
 もちろん、本特別展には戦闘に関する内容以外にも、開戦や講和に至る背景や経緯、外交・政治の実際など、日露戦争にまつわる豊富な内容を掲載しておりますので、日露戦争を知ることのできる資料として多くの皆様にご活用頂ければ幸いです。
 なお、「激闘500日」とは、日露戦争において特に激しい戦闘が行われた期間(明治37年<1904年>2月8日の旅順港奇襲攻撃から、明治38年<1905年>5月27日の日本海海戦まで/正確には475日)を意味する抽象的表現です。

このぺージのトップへ