日露戦争特別展2 開戦から日本海海戦まで激闘500日の記録
日露戦争特別展のぺージへ
アジア歴史資料センター・トップページへ
Adobe Flash Playerのインストールはこちらから
当サイトをご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。 お持ちでない場合は、上のリンク先からダウンロードしてください。
 

ここからグローバルナビゲーションです

  • トップぺージ
  • 本特別展へようこそ
  • 資料解説
  • 日露戦争史
  • 日露戦争トピック
  • 用語集

ここから本文です

日露戦争史

  • 日露戦争はやわかり
  • 総合年表
  • 日露戦争地図
  • 陸上の戦い
  • 海上の戦い
  • 政治・外交

陸上の戦い 解説を読む

全てを表示 関連資料のみを表示
 
 

明治38年(1905年)7月7日 樺太作戦

 地図をクリックすると、日露戦争地図にジャンプします。
期間
明治38年(1905年)7月7日~31日
場所 樺太
概要 参謀次長の長岡外史が主張し続けてきた樺太の占領作戦は、講和の問題が日程に上ると実行に移されました。作戦を担当した新設の第13師団は、樺太防衛にあたっていたロシア軍が小規模であったため、さしたる抵抗を受けずに、樺太に上陸・占領することが出来ました。
 
 
このぺージのトップへ
 
 

戦闘チャート

樺太作戦
明治38年(1905年)
6月17日 樺太占領作戦が正式に決定。(関連資料1
7月4日 北遣艦隊に護衛された上陸部隊が大湊港を出撃。(関連資料3
7月7日 日本軍の第1次上陸部隊が樺太南部のアニワ湾岸に上陸を開始。(関連資料2
7月9日 樺太南部の町・コルサコフ(大泊)を占領。(関連資料4
7月10日 樺太南部の町・ウラジミロフカ(豊原)を占領。(関連資料5
7月16日 南樺太を守るロシア軍が降伏交渉を申し出る。(関連資料6
7月24日 第2次上陸部隊が樺太北部のアルコワ湾付近に上陸を開始。(関連資料2
7月27日 樺太北部の要衝・アレクサンドルフとルイコフを占領。(関連資料7
7月31日 樺太のロシア軍が降伏。(関連資料7
 
 
このぺージのトップへ
 
 

解説

樺太作戦
初めてのロシア領占領で日露戦争の講和条件を好転させた樺太攻略

 参謀次長の長岡外史は、日露開戦の開戦直後から樺太の占領を主張し続けてきましたが、兵力の分散を避けたい陸軍と海軍の首脳部からは賛同を得られず、実行には移されませんでした。 その後に講和の問題が日程に上ると、児玉源太郎大将や小村寿太郎外相の賛同を得て、長岡外史樺太占領計画は息を吹きかえしました。 また、バルチック艦隊日本海海戦で破った海軍からも協力が得られるようになり、樺太占領作戦の決行が決まりました。

 明治38年(1905年)5月1日から、作戦を担当する新設の第13師団の各部隊が弘前と敦賀に集結を開始しました。6月17日、樺太占領作戦は天皇の裁可がおり、翌18日に原口兼済中将が指揮する2個旅団編成の新設の独立第13師団に出動命令が下されました(関連資料1)。

 7月4日に青森県大湊港を出発した樺太南部占領部隊(第13師団第25旅団:旅団長は竹内正策少将)は、片岡七郎中将が率いる連合艦隊の第3・第4艦隊と第1駆逐隊(第1艦隊から臨時に転属)からなる北遣艦隊に護送され、7月7日には樺太南部のアニワ湾(亜庭湾=東伏見湾)岸のメレヤ(女麗)村に上陸しました(関連資料2)。この陸軍の輸送・護衛の任務のなで、北遣艦隊を最も悩ませたのは霧であったようです(関連資料2関連資料3

 当時の樺太防衛にあたっていたロシア軍は、樺太防衛には不充分な規模でした(関連資料4)。また、部隊には頑強に抵抗することなくパルチザン行動にうつるようにとの命令が下っていたので、大規模な抵抗を受けずに、日本軍は樺太に上陸することが出来たのです。

 9日には「砲火を交へずして(関連資料2)」樺太南部のコルサコフ(日本名:大泊)を占領、10日にはホムトフカ(清
▲装甲巡洋艦春日
(財団法人三笠保存会所蔵)
▲装甲巡洋艦日進
(財団法人三笠保存会所蔵)
川)を経てウラジミロフカ(のちの豊原)を占領しました。ロシア軍は北方の密林地帯であるダーリネー(軍川)付近まで後退しました。12日には、ウラジミロフカ西方のダーリネー村に近い密林で、日本軍はロシア軍主力を「撃破して二百余人を捕虜に(関連資料2)」しました。

 16日にはロシア軍指揮官のアルツィシェフスキー大佐が降伏交渉を申し出てきました(関連資料5)。

 7月24日に日本軍の第2次上陸部隊(第13師団第26旅団)は、北部のアルコワ付近に上陸を開始し、27日までに北樺太の要衝であるアレクサンドルフとルイコフを占領しました。ロシア軍部隊は南方のオノールにまで退却し、そこでロシア軍長官のリャプノフ中将は、7月31日に降伏勧告を受けいれました(関連資料6)。

 
 
このぺージのトップへ
 
 

関連資料

樺太作戦
C03020330800 関連資料1 参謀総長の山県有朋が出した樺太占領の訓令
C09050802900 関連資料2 北海艦隊の樺太方面の行動記録
C09050720600 関連資料3 日露戦役参加者の史談会の記録
C09050707200 関連資料4 大本営海軍幕僚諜報班の資料
C06040903400 関連資料5 樺太南部の要衝であるコルサコフのロシア軍指揮官であるアルツィシェフスキー大佐以下191名が投降したことに関する記録
C09050646800 関連資料6 樺太北部のロシア軍の投降に関する記録
C06040996800 関連資料7 樺太占領に戦功のあった北遣艦隊に対する勅語

関連資料(詳細)

関連資料1
レファレンスコード : C03020330800
件名 : 独立第13師団長へ任務に関する訓令を通報

■資料解説

 

 参謀総長の山県有朋有朋が出した樺太占領の訓令です。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料2
レファレンスコード : C09050802900
件名 : (第2章)北遣艦隊の樺太方面に於ける行動(1)

■資料解説

 

 樺太占領作戦を担当する新設の第13師団を樺太まで護送・進軍援助をした北遣艦隊(艦隊司令長は片岡七郎中将)の行動記録です。1~17画像目で南部樺太方面、17~39画像目で北部樺太方面の北遣艦隊の行動が詳細に記載されています。 北遣艦隊は一人の死傷者も出さずに樺太南部への陸軍輸送・上陸の援助を完了しました(10画像目)。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料3
レファレンスコード : C09050720600
件名 : 樺太攻略(極秘)

■資料解説

 

 日露戦争の樺太占領作戦に参加した山路中将が、戦後の史談会で語ったところによると、ウラジオストックにいたロシア艦艇や樺太のロシア陸軍などよりも、「当時一番怖いのはこの時分の霧だった。寧ろ敵よりも霧に対する十分の準備をして置かなければなら」(8画像目)なかったようです。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料4
レファレンスコード : C09050707200
件名 : 大海情陸号(12)

■資料解説

 

 コルサコフから逃れてきたロシア人(ロシア国の囚徒でトルコ人と称す)によれば(23画像目)、コルサコフ付近の守備兵は、約1,200人で、そのうちの400人は現役兵でした。その他に外国人より徴募した義勇兵もいたようでした。また、コルサコフには重砲2門と軽砲が7、8門配置されていただけであったようです。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料5
レファレンスコード : C06040903400
件名 : 8.11 樺太南部占領軍司令官よりコルサコフ露国指揮官以下191名投降始末

■資料解説

 

 7月12日の戦闘でロシア軍側に大打撃を与えていた日本軍は、16日に「殲滅的攻撃」を行うことを決しましたが、攻撃に先立ちロシア軍に「試みに」歓降書(本文:17~19画像目)を送りました(6画像目)。日本側は降伏に際して以下の条件を提示しました(8画像目)。すなわち、

 ①陸海軍人と軍属はすべて捕虜とする
 ②武器、弾薬、食料その他軍需品は日本軍に引渡す
 ③各地の義勇兵に対してアルツィシェフスキー大佐が降伏を命令する
 ④将校には帯剣を許す

 しかし、③の条件に対しては「各地の部隊長に独立行動を許せしか故に」同大佐には指揮権がないとの返答がありましたが、そのほかの点では合意に達し、7月16日にアルツィシェフスキー大佐以下の降伏してきた将校の身柄が拘束されました(降伏者将校及び同相当官のリストは23画像目、捕虜の下士以下の内訳は24画像目、武器弾薬リストは25画像目)。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料6
レファレンスコード : C09050646800
件名 : 北遣艦隊機密(8)

■資料解説

 

 北樺太のルイコフを占領し、「無益なる作戦の継続を停止するの勧告を」(4画像目)サハリン島ツイモフ(都以謨夫)州長官セルギー・ソーゾフを通じて、ロシア軍長官のリャプノフ中将に対して行いました。降伏を受け入れるための条件は以下の三点でした(7画像目)。

 ①兵器、馬匹、糧食其他の軍用物件及官に属する金銭有価証券其他の動産不動産は現状の儘引渡すこと
 ②薩哈嗹島行政に必要なる凡ての書類を引渡すこと
 ③薩哈嗹島守備軍編成表及防衛計画書に関する地図及書類を引渡すこと

 この降伏勧告の条件は受け入れられましたが、③の防衛計画に関する書類は「軍機に属する者として現行法律に照し軍事行動の開始と同時に皆之を破棄」(8画像目)したとリャプノフは回答しました。最終的に降伏文書(10~11画像目)に調印し、オノール付近にいたリャプノフ以下将校70名、下士卒4319名は武装を解いて日本軍の捕虜となりました。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料7
レファレンスコード : C06040996800
件名 : 明治38年7月29日 片岡北遣艦隊司令長官に賜りたる勅語

■資料解説

 

 明治38年(1905年)7月29日に明治天皇は樺太占領に大きな軍功をあげた北遣艦隊に対して次のような勅語をだしました。「北遣艦隊は天候の障碍を冒して陸軍を護送し其上陸を完ふせしめて樺太占領の基礎を成せり 朕深く之を嘉尚す」(1画像目)。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
参考文献   谷寿夫『機密日露戦史』、原書房、1966年
I.I.ロストーノフ編『ソ連から見た日露戦争』、原書房、1980年
『図説 日露戦争』、河出書房新社、1999年
奉天会戦に戻ります 旅順港奇襲攻撃に進みます
 
 
このぺージのトップへ