日露戦争特別展2 開戦から日本海海戦まで激闘500日の記録
日露戦争特別展のぺージへ
アジア歴史資料センター・トップページへ
Adobe Flash Playerのインストールはこちらから
当サイトをご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。 お持ちでない場合は、上のリンク先からダウンロードしてください。
 

ここからグローバルナビゲーションです

  • トップぺージ
  • 本特別展へようこそ
  • 資料解説
  • 日露戦争史
  • 日露戦争トピック
  • 用語集

ここから本文です

日露戦争史

  • 日露戦争はやわかり
  • 総合年表
  • 日露戦争地図
  • 陸上の戦い
  • 海上の戦い
  • 政治・外交

海上の戦い 解説を読む

全てを表示 関連資料のみを表示
 
 

明治37年(1904年)2月8日  旅順港奇襲攻撃

 地図をクリックすると、日露戦争地図にジャンプします。
期間
明治37年(1904年)2月8日~9日
場所 遼東半島最西部、旅順港(口)外
概要 日露戦争の戦闘の開始です。日本海軍連合艦隊主力部隊が旅順港のロシア海軍旅順艦隊(第一太平洋艦隊)を攻撃しました。
 
 
このぺージのトップへ
 
 

戦闘チャート

旅順港奇襲攻撃
明治37年(1904年)
2月6日 連合艦隊が佐世保港を出航。
2月8日
18:00
連合艦隊が旅順の沖合に進出。第1・2・3駆逐隊が旅順港に向かう。
2月9日
0:28
第1駆逐隊が旅順港外に停泊していたロシア艦隊に対し魚雷攻撃を開始。(関連資料1
2月9日
未明
攻撃を終えた3駆逐隊が旅順港を脱出。(関連資料2
2月9日
12:00過ぎ
連合艦隊主力が旅順港外のロシア艦隊に砲撃を開始。
関連資料3
2月9日
12:45
連合艦隊が攻撃を停止して旅順港を離れる。
関連資料4
2月10日 連合艦隊主力が仁川の南、牙山湾で駆逐隊と合流する。
関連資料5
 
【 参考文献 】 「極秘 明治37.8年海戦史」、「明治三十七、八年日露戦史」
 
 
このぺージのトップへ
 
 

解説

旅順港奇襲攻撃
戦闘の開始、奇襲

 日本政府がロシアとの開戦を決定し、国交の断絶をロシアに通告したことを受け、日本海軍連合艦隊(第一艦隊と第二艦隊によって構成されます)の主力部隊は、明治37年(1904年)2月6日に長崎県の佐世保港を出港しました。 途中、本隊より、第一艦隊所属の第一、第二、第三駆逐隊は旅順口へ、第二艦隊所属の第四、第五駆逐隊は大連湾へと分けられ、本隊に先立って目的地に向かいました。 旅順港はその地形のために入口(旅順口)が狭くなっていたため、ロシア海軍の旅順艦隊(第一太平洋艦隊)はその外側に集結していました。9日午前0時28分、日本の駆逐隊はこれに対して攻撃を開始します。この奇襲攻撃によって、日露戦争の戦闘が始まりました。

▲アジア歴史資料センター、
ref.C09050255300、
件名:第2艦隊戦闘詳報(1)
(防衛省防衛研究所所蔵)
▲連合艦隊司令長官東郷平八郎大将他
(財団法人三笠保存会所蔵)
  前列中央:東郷司令長官
  右端:秋山真之作戦参謀

▲「海戦の図」
(財団法人三笠保存会所蔵)
▲アジア歴史資料センター、
ref.C09050255300、
件名:第2艦隊戦闘詳報(1)
(防衛省防衛研究所所蔵)
 連合艦隊司令長官の東郷平八郎から海軍大臣の山本権兵衛に宛てられた報告(2月11日付)では、この魚雷攻撃の成果について、
 当時敵艦隊の大部は旅順口外に在りて我駆逐隊の水雷に罹りしもの少くとも「ポルタワ」型戦艦1隻巡洋艦「アスコリット」外2隻ありしものと認む

と書かれています(関連資料1:1画像目)。ロシア艦隊の実際の損害は、戦艦レトウィザン(レトウヰザン)、戦艦ツェサレーヴィチ(ツエザレウヰチ)、巡洋艦パルラーダがそれぞれ魚雷を受け航行不能に陥りました。攻撃を終えた駆逐隊は即座に旅順港を離れ、この戦闘は夜が明ける前に終結しました(関連資料2:8~12画像目)。

 9日には、日本艦隊の本隊が到着し、再び旅順港のロシアの旅順艦隊に対する攻撃を開始します。 正午過ぎ、司令長官の東郷平八郎中将率いる連合艦隊の主力艦は、旅順港外のロシア艦隊に対する砲撃を開始しました。ロシア側も、艦隊及び旅順要塞の砲台からの砲撃で応戦しました。戦闘は激しい砲撃戦となり、日本とロシア双方の艦隊に被害をもたらしました。

 日本艦隊は、第一戦隊所属の連合艦隊旗艦の戦艦三笠が、右舷に落ちた砲弾が破裂し後部艦橋の一部を破損するなどの被害を受け、同じく第一戦隊の戦艦冨士も命中弾を受けて前艦橋や煙突を破損しました。他にも、戦艦敷島、戦艦初瀬も被害を受けています(関連資料3:5~6画像目)。死者は4名、負傷者は53名と記録されています(関連資料3:2画像目)。

 ロシア艦隊の被害については、戦艦ペレスヴェート(ペレスウェート)、戦艦ポべーダ、巡洋艦バヤーン、巡洋艦ノーウィック(ノーウヰク)などに砲弾が命中したと記録されています(関連資料2:17~19画像目)。中でも巡洋艦アスコリドは、後部艦橋上部を切断され、煙突や砲門を破損されるなど、大きな被害を受けました。

 午後2時過ぎには日本艦隊は攻撃を順次停止して旅順港を離れ、ロシア艦隊も被害を受けた艦から港内に撤退し、戦闘は終了しました。
 
 
このぺージのトップへ
 
 

関連資料

旅順港奇襲攻撃
C09050255300 関連資料1 連合艦隊司令長官東郷平八郎からの戦闘報告
関連資料2 『極秘 明治37.8年海戦史』の記述
関連資料3 第二艦隊戦闘詳報前半
関連資料4 第二艦隊戦闘詳報後半
関連資料5 連合艦隊司令長官東郷平八郎の駆逐隊への感状

関連資料(詳細)

関連資料1
レファレンスコード : C09050255300
件名 : 第2艦隊戦闘詳報(1)

■資料解説

 

 連合艦隊第二艦隊戦闘詳報です。1~3画像目に、2月9日午前0時の奇襲から同日の戦闘についての連合艦隊司令長官東郷平八郎から海軍大臣山本権兵衛への報告があります。5画像目からは、2月10日の旅順港外海戦の戦闘詳報です。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料2
レファレンスコード : C05110031900
件名 : 第2編 旅順口及ひ仁川の敵艦隊に対する作戦/第3章 旅順口第1次攻撃

■資料解説

 

 『極秘 明治37.8年海戦史』の第2編です。1~4画像目に、連合艦隊主力の佐世保港出発についての記述があります。4~7画像目に、奇襲作戦計画についての記述があります。8~12画像目には、奇襲作戦の戦闘経過についての記述があります。13~15画像目に、連合艦隊主力の旅順港への進撃について、16~20画像目には、9日の旅順港外の戦闘経過について、21~25画像目には、戦闘後についての記述があります。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料3
レファレンスコード : C09050255300
件名 : 第2艦隊戦闘詳報(1)

■資料解説

 

 連合艦隊第二艦隊の戦闘詳報です。1~3画像目に、2月9日午前0時の奇襲から同日の戦闘についての連合艦隊司令長官東郷平八郎から海軍大臣山本権兵衛への報告があります。 5画像目からは、2月9日日中の旅順港外海戦の戦闘詳報があります。19画像目は、日本艦隊の航路図、20画像目は、ロシア艦隊配置図、28~34画像目は、旅順港周辺の海図です。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料4
レファレンスコード :C09050255400
件名 : 第2艦隊戦闘詳報(2)

■資料解説

 

 連合艦隊第二艦隊の戦闘詳報です。2月9日の旅順港外海戦の戦闘の報告です。13~17画像目に、旅順港外のロシア艦隊の配置図が、18画像目に、日本艦隊の航路図が、36画像目に、戦闘の際の第二艦隊の航路図があります。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
このぺージのトップへ
関連資料5
レファレンスコード : C09050583500
件名 : 勅語及奉答(6)

■資料解説

 

 3画像目に、連合艦隊司令長官東郷平八郎から第一駆逐隊、第二駆逐隊、第三駆逐隊への感状(1905年1月12日付)があります。4画像目に、作戦時の部隊編制・指揮官表があります。

左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
陸上の戦いに戻ります
 
 
このぺージのトップへ
陸上の戦いに戻ります 仁川沖海戦に進みます