日露戦争特別展2 開戦から日本海海戦まで激闘500日の記録
日露戦争特別展のぺージへ
アジア歴史資料センター・トップページへ
Adobe Flash Playerのインストールはこちらから
当サイトをご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。 お持ちでない場合は、上のリンク先からダウンロードしてください。
 

ここからグローバルナビゲーションです

  • トップぺージ
  • 本特別展へようこそ
  • 資料解説
  • 日露戦争史
  • 日露戦争トピック
  • 用語集

ここから本文です

日露戦争トピック

 
 

日露戦争、海戦の「図」

4.艦船の艤装図

 【資料10】【資料19】は、仮装巡洋艦や仮装砲艦、工作船、敷設艦、嚮導船、病院船といった、艦隊に加わっていた「特設船舶」の艤装、すなわち様々な装備の設置状況を表した図面を集めたものです。なお、仮装巡洋艦とは、民間の商船等を改装して巡洋艦として用いた船のことです。 仮装砲艦は同様に砲艦として用いた船のことです。また、嚮導船とは、大型の軍艦などを水先案内するための船のことです。このように、本来は軍艦ではない船舶が、戦闘用あるいは作業用の装備を施されて、戦争時に臨時に用いられたものを、当時の文書の中では「特設船舶」と呼んでいます。

 【資料10】の4~13画像目は、仮装巡洋艦兼工作船「関東丸」の船体を上面から見た図面です。15~29画像目は、船体を側面から見た図面、31~45画像目は、甲板の図面です。なお、この「関東丸」は、日露開戦の頃に座礁していたロシアの汽船が日本軍に鹵獲され、艤装を施されて連合艦隊所属の仮装巡洋艦兼工作船として用いられたものです。64~65画像目は、連繋水雷落下台を装備された「肥後丸」の図面です。連繋水雷とは、文字通り水雷(機雷)をロープで4個ずつ繋ぎ合わせたもので、これを敵の艦船の進路上に投下し、その爆発によって損害を与えるための兵器でした。特に、複数の機雷が連続して接触・爆発することになるので、その破壊力が強まることが期待され、日本海海戦でも当初はこれを用いた作戦が考えられていたものの、天候(電報で「浪高シ」と表現された、波が荒い状況)により実施されなかったと言われます。これらの図面には、この連繋水雷を海中に投下するための装置が船体に取り付けられた状態が描かれています。

▲【資料10】明治37~38年 特設船舶艤装兵装図1(1) 4~13画像目
(防衛省防衛研究所所蔵)

▲【資料10】明治37~38年 特設船舶艤装兵装図1(1) 15~29画像目
(防衛省防衛研究所所蔵)

▲【資料10】明治37~38年 特設船舶艤装兵装図1(1) 31~45画像目
(防衛省防衛研究所所蔵)

▲【資料10】明治37~38年 特設船舶艤装兵装図1(1) 64~65画像目
(防衛省防衛研究所所蔵)

 【資料12】の40~48画像目は、日本海海戦に先立ってロシアのバルチック艦隊の病院船を発見し、「敵艦203地点ニ見ユ」という電報を打ったことで知られる、仮装巡洋艦「信濃丸」の図面です。なお、この「信濃丸」は、本来は日本郵船の所有する貨客船でした。それが、図のように兵装を施されて、呉鎮守府所属の仮装巡洋艦として用いられていたわけです。 そして、対馬海峡の哨戒の任務にあたっていた中で、密かにウラジオストック方面に向かっていたバルチック艦隊を発見、この功績が日本海海戦における日本の連合艦隊の勝利を呼んだと言われます。

▲【資料12】明治37~38年 特設船舶艤装兵装図2(1) 40~48画像目
(防衛省防衛研究所所蔵)

関連資料10
レファレンスコード : C09020236500
件名 :明治37~38年 特設船舶艤装兵装図1(1)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料11
レファレンスコード : C09020236600
件名 : 明治37~38年 特設船舶艤装兵装図1(2)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料12
レファレンスコード : C09020237000
件名 : 明治37~38年 特設船舶艤装兵装図2(1)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料13
レファレンスコード : C09020237100
件名 : 明治37~38年 特設船舶艤装兵装図2(2)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料14
レファレンスコード :C09020237200
件名 :明治37~38年 特設船舶艤装兵装図2(3)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料15
レファレンスコード : C09020237300
件名 : 明治37~38年 特設船舶艤装兵装図2(4)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料16
レファレンスコード : C09020238200
件名 : 明治37~38年 特設船舶艤装兵装図4(1)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料17
レファレンスコード :C09020238300
件名 :明治37~38年 特設船舶艤装兵装図4(2)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料18
レファレンスコード : C09020238400
件名 :明治37~38年 特設船舶艤装兵装図4(3)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
関連資料19
レファレンスコード : C09020238500
件名 :明治37~38年 特設船舶艤装兵装図4(4)
左のアイコンをクリックすると関連資料が開きます。
 
 
このぺージのトップへ
次へ 前へ