ホーム > 資料の閲覧 > インターネット特別展

インターネット特別展

公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-

「アジ歴で資料を検索する時にどんなキーワードで探すのかわからない」といった声にお応えし、歴史資料検索ナビ「アジ歴グロッサリー」を公開しました。
特に今年は終戦から70年ということで「復員・引揚」をテーマにしています。これによりアジ歴で公開している終戦時の復員・引揚の記録を、地図・組織変遷表・年表を辿りながら体系的に検索できます。ぜひご活用ください。

描かれた日清戦争 錦絵・年画と公文書

このインターネット特別展は、アジ歴と大英図書館との共同企画として制作・公開するものです。ここでは、大英図書館が所蔵する日清戦争関係の版画コレクションとアジ歴の公開する日清戦争の関係資料とをあわせてご紹介し、日清戦争という出来事を、当時の人々がどのように描いたのか、どのように記したのかを見ていきます。

知っていましたか? 近代日本のこんな歴史

近代のあゆみの中で、日本人が経験したさまざまな出来事。政治制度や法制度の発展、外国との交流、そして戦争、災害。そこには、今日も語り継がれる人物のエピソードがあり、その後の日本の運命を決定づけたエピソードがありました。そして、歴史の表舞台には登場しない人々の営みもありました。ここでは、明治から昭和初期に至る、そうしたエピソードのいくつかを紹介します。

知ってなるほど 明治・大正・昭和初期の生活と文化

いつから洋服を着るようになったの? 海水浴はどうやって広まったの? 明治時代に海外旅行ってあったの? …今では当たり前のことが、その「むかし」、どのようにして始まったのでしょう、どんな様子だったのでしょう。明治の文明開化から昭和初期の日常風景まで、人々の生活や文化をめぐるさまざまなルーツやエピソードをご紹介します。

日露戦争特別展II

日露戦争(明治37年2月~明治38年9月)では、有名な「日本海海戦」をはじめ、「奉天会戦」、旅順をめぐる陸海の長い攻防戦など、歴史に名を残す様々な戦闘が繰り広げられました。その詳細を陸海軍の記録によってたどります。海軍資料からは、戦闘記録を豊富に含む「日露」「日露戦書」、日露戦後に軍令部によって編纂された「極秘 37.8年海戦史」、陸軍資料からは、満州軍の記録である「陸満機密・密・普大日記」などをご紹介します。

条約と御署名原本に見る近代日本史

嘉永6年(1853年)、ペリー率いるアメリカ艦隊(黒船)が浦賀に来航し、日本は、開国そして明治維新を経て、近代国家としての歩みを進めることになりました。その道のりを、嘉永7年(1854年)の日米和親条約から昭和20年(1945年)の降伏文書(太平洋戦争終結)に至る様々な条約書(外務省外交史料館所蔵の原本をカラー撮影)と、条約や国内の重要な制度や法律に関する御署名原本によってたどります。

『写真週報』にみる昭和の世相

昭和13年(1938年)2月に内閣情報部によって創刊された『写真週報』は、昭和20年(1945年)7月まで7年以上にわたってほぼ毎週発行され、全375号(370冊)を数えたグラフ雑誌です。この雑誌に掲載された豊富な写真記事が映し出す、昭和戦前期の日本社会、人々の生活、そして戦争の様子をたどります。また、関連する様々な公文書もあわせてご紹介します。

公文書に見る日米交渉

昭和16年(1941年)12月8日未明、日本軍の真珠湾攻撃により日米開戦。ここに至るまでの日本とアメリカの交渉の過程を公文書によってたどります。交渉にあたった駐アメリカ大使・野村吉三郎と松岡洋右、豊田貞次郎、東郷茂徳ら外務大臣とのやり取りを追い、その中で交わされた、対米交渉要綱「甲案」「乙案」、そして「ハル・ノート」などの資料をご紹介します。

公文書に見る岩倉使節団

明治4年11月12日(1871年12月23日)、新しい国づくりの規範を欧米の国々から得ようと、右大臣・岩倉具視はじめとする明治新政府のリーダーたちの率いる使節団が横浜を出港しました。その1年10カ月に及ぶ足取りを公文書によってたどります。使節団と本国政府(留守政府)との間の往復文書や、条約改正のための準備交渉の経緯の報告書、その他使節団の様々な記録がまとめられた『大使書類』を中心にご紹介します。

日露戦争特別展

明治37年(1904年)2月から18ヶ月間にわたって繰り広げられた日露戦争。その背景となる様々な出来事から戦争の経緯、そして戦後までを公文書によってたどります。「宣戦の詔書」、「日露講和条約及追加約款」(ポーツマス講和条約)批准の勅令、「講和に関する詔勅」などの資料をご紹介します。また、この戦争が当時の社会や人々の生活に及ぼした影響についての資料を、いくつかのテーマに沿ってご紹介します。

特集

震災と復興 明治・大正・昭和の公文書から

我が国は「地震大国」とも呼ばれるように、これまでに幾度となく震災に見舞われてきました。明治、大正、昭和前半期に起きた数々の震災とそこからの復興を公文書によってたどります。地震発生時の第一報、津波の被害についての報告、被害者や被害家屋の数についての調査報告、被災者の救援活動の記録、そして復興に向けた数々の財政計画や都市計画などの資料をご紹介します。

終戦に関するアジア歴史資料センター公開資料のご紹介

8月15日は「終戦の日」です。昭和20年(1945年)のこの日に「玉音放送」が行われ、太平洋戦争が終結しました(第二次世界大戦終戦の記念日は国や地域によって異なります)。「ポツダム宣言」、「終戦の詔書」(「玉音放送」はこれを読み上げたものです)といった終戦関連のものを中心に、「ハル・ノート」、「宣戦の詔書」、神風特別攻撃隊や戦艦大和の記録など、太平洋戦争にまつわる資料をご紹介します。

  • ページトップへ
  • 国内所在資料調査報告書

All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records